中野市の形成外科,美容外科,皮膚科,整形外科 たかはしクリニック

ONPブログ
2020.08.27

つい先日、70歳代の男性が「足がしびれているのは脚気なんじゃないか?」とおっしゃった。
患者さんの口から脚気という言葉を聞いたので、少し驚きました。
ご存知なのですね。
脚気とは、ビタミンB1欠乏症のことです。

その昔、白米を食べるようになった江戸で大流行し、「江戸わずらい」と呼ばれていました。(地方では玄米食が主食のため流行しません)
その後も、明治・大正と脚気による死亡者は年間数万人にもおよび、おそれられていました。感染説もあったほどです。
このころの食事も白米主体で高糖質・低タンパク・低ビタミン食。そんな中、食事に問題があると気付いた海軍軍医高木兼寛は遠洋航海訓練中の主食を、白米をやめ芋や麦飯で代用し、予防に成功しました。しかし国では受け入れが悪く、戦時下では陸軍で25万人も患者が出るなど、多大な被害が生じています。

脚気の症状はまず、全身倦怠感や食欲不振、特に下肢のしびれやむくみ等の末梢神経症状がでます。
放っておくと息切れや動悸、さらには心不全までに至りとても危険です。
糖質を過剰に取ることで、体内ではビタミンB1が代謝で補酵素として大量に使われ、欠乏していくために起こる症状です。

昭和50年ごろもちょうど過食の時代へと入り、偏食も重なり、脚気が再熱しました。
現代でも脚気を否定できない症状が思い当たる方はとても多いと思います。
救急に運ばれてくる突然意識を失った方には、まず脚気を疑うことも医師は忘れてはいけません。単にビタミン剤を投与するだけで、緊急事態からまぬがれるケースも多いからです。
ジュースやスポーツドリンク、栄養ドリンクやアルコールを飲みつけている人、普段インスタント食品や食べてもおにぎりや麺、パン等の炭水化物しか食べない人等、偏った食生活で簡単に脚気は引き起こされます。
夏場はあっさりとした食事や、味のついた飲み物の取り過ぎが多く、このような症状が現れたら、ビタミンBを補充するようにしてください。
赤ちゃんの突然死症候群も脚気が原因だと言われています。それは赤ちゃん用ミネラルウォーターを飲ませすぎることによるものです。夏は特に気をつけてください。基本は水です。

では予防するにはどうしたら良いのか。
ビタミンB1は豚肉や玄米、ウナギや枝豆等によく含まれています。意識して食べられない方は、サプリメントを利用すると良いでしょう。ちなみにビタミンBはcomplexといってビタミンB群で摂ることに意味があります。B1単独でとっても体内での代謝は乏しいため、ビタミンB1・2・6・12、葉酸、ナイアシン
パントテン酸、ビオチンと行った複合体で取るようにしましょう。核酸も一緒に入ることでよりビタミンBの力を強化できます。取扱いのサプリメント「NB-X」は核酸も入っており、非常に優秀です。少量でも良いので、水溶性ビタミンであるB群は毎日摂るように心がけてください。

そうそう入院中で点滴を受けられる方も要注意ですよ。高カロリー輸液はブドウ糖を高濃度に含むものもあるため、ビタミン剤を添加していないものだと、ビタミンB1欠乏症になるおそれもあります。食事の取れない方や手術前などに投与されることが多いので、付き添いの方は覚えておくと良いでしょう。医療従事者の気づかないこともケースによってはありますので、自分の体は自分で守るように努めることです。
いろいろな知識を身につけておくことは、今後役立つことがあるかもしれません。これからも一緒に勉強していきましょうね。

~今回の腸内洗浄部屋の紹介はこちら、ナノミストリフレです~

前回ブログで紹介したナノミストサウナと同じ、CORONA社製の個室用空気清浄器です。
目には見えないナノ化されたミストとマイナスイオンで(滝の波動を浴びるかのように)お部屋が満たされます。
浮遊ウイルスの抑制や除菌効果も抜群で、このコロナ予防にも一躍かってくれる優れもの。
腸内洗浄中は一緒にお肌と髪、のどにも潤いを与えてくれます。嬉しいエステ効果も実感できますよ。
今度、受付にも大型のものを導入する予定です。

院長作アイコン
副院長 高橋真弓

 

 

症状別一覧

医院情報

■ 住所
〒383-0015
長野県中野市吉田890-1[地図

■ TEL
0269-26-3001
■ FAX
0269-26-3002
■ 診療予約
あり/お電話にてご予約下さい。
■ 連絡方法
お電話にてお問い合わせ下さい。

■ 診療時間

 
午前
午後
午前 7:30~12:00
午後 14:00~17:00
●・・・8:30~12:00
手・・・手術日
休診日:土曜午後・水曜・日曜祝日
※木曜日の午後は手術日となりますが、脱毛・メソポレーション・
ケミカルピーリングなどの予約は可能です。
※月・火・金の14時から簡単な手術1件の枠があります。
土曜日は原則手術は受けておりません。

 

■ 診療科目
形成外科・整形外科・皮膚科・美容皮膚科・美容外科
・・・・・・・・・・・・・・・・
オーソモレキュラー療法・スポーツ栄養外来・高濃度ビタミンC点滴・グルタチオン点滴・プラセンタ注射・遅延型アレルギー検査・各種レーザー治療
・・・・・・・・・・・・・・・・

たかはしクリニック院長ブログ
栄養療法専門カウンセラーONPブログ
信州あおぞらみーるブログ

小麦や乳製品を使わない おやつを紹介しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・

サプリ取り扱いブランド
エステ担当 ブログ
コスメ取り扱いブランド
QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。