中野市の形成外科,美容外科,皮膚科,整形外科 たかはしクリニック

院長ブログ
2022.06.15
~90%以上は西洋医学の薬物治療でなく改善・もしくは完治します~

 
世の中の現状
今日、テレビを見ていたら地元の信州大学病院で片頭痛外来が始まり1ヶ月が経過したらしいです。予約は11月までいっぱいということでした。現在、国内には800万人の片頭痛患者さんがいるそうです。

患者さんを助けるために真剣に立ち向かう医師に難癖をつけるつもりは毛頭ありません。しかし、クリニックでの問診で片頭痛の項目にチェックが入ることは女性の30%近くいます。成長期の子ども達でも片頭痛を訴えての受診は数多く診てきました。開業して9年経過し、毎日最低1人はいましたので、おおよそですが2000人以上は片頭痛を診てきたことになります。

この中で漢方以外の薬物治療が必要であった患者さんは5人程度です。当然ですが脳の基質的疾患(脳腫瘍・脳の血管病変・脳溢血など)は受診されていませんので除きます。いわゆる市販の頭痛薬を当たり前のように飲んだり、内科から鎮痛剤を処方されたりしている方たちです。未治療の患者さんもいました。

開業以来、何度となく副院長ブログにも書いてきましたが栄養療法や漢方治療医の常識は未だに一般の医師の知識には無いようです。ここにも薬物至上主義の偏ったガイドライン治療がはびこったままになっています。薬物治療を全て否定するつもりはありませんが、医者が薬物だけを治療手段とするなら患者さんは通い続けなければなりません。

治療は簡単です
①低気圧の頭痛
気圧の変化の頭痛であれば漢方の水滞に対しての処方を考えれば、ほとんど改善します。結果は天気の悪い日があれば直ぐに効果がわかります。効果は即効性なことが多いのです。
難治例は2種類まで処方することもありますが、改善したらお守りで漢方を持っておくだけで良いか、完治することもあります。この種類の頭痛で改善が全くなかったことはありません。保険治療で行えるのですから、漢方を学ばない医師は治療の義務を放棄した怠け者だと思っていいでしょう。
注意したいのはこの気圧の変化の頭痛に電磁波過敏症が混在する方たちです。この患者さんたちは漢方だけでは今のところ少ししか改善しません。太陽光発電のパネルの近くで症状が出る方たちです。

②三叉神経痛での頭痛
鍼治療で治る症例が多いですが、薬物以外の他の治療も併用することもあります。これは鍼の仲間(医師)が英論文も書いています。

③一般的な片頭痛
開業当時は1年間統計をとりました。
栄養療法では常識なのですが安全に隠れ貧血が改善すれば、1ヶ月で60%が改善し、3ヶ月で95%が改善しました。
鉄での改善は赤血球の質と血清鉄とトランスフェリン(鉄を運搬する)、フェリチン(貯蔵鉄)、ヘモグロビンに関係します。
よって、効率よく酸素が脳に運ばれることなどでの効果、甲状腺が回復することでの体温調節の改善効果、筋血流量の改善だけでも頭痛が改善するのは当たり前です。
また、鉄は脳内神経伝達物質での補酵素として複数ヶ所に関わるため、鉄の改善は抑うつ状態や睡眠の質の改善にも働きますので多方面から片頭痛をサポートします。片頭痛改善のメインはこのように鉄なのですが、亜鉛や他の栄養素もまれに関わります。たかだか栄養だけで治る頭痛がほとんどなのです。

④筋緊張性頭痛
これは③の貧血の改善で肩こりが良くなる方が多いのですが、マグネシウム不足やビタミンB不足の改善でも完治する方がいます。時には鍼治療や海水療法でも完治できます。

⑤その他の頭痛
抑うつやパニック障害を漢方で改善したりすることなどで改善した方、歯のかみ合わせの改善が関与していた方や、副鼻腔炎・慢性鼻炎・慢性の腸疾患などの炎症改善で良くなる方もいました。

⑥最近増えてきた頭痛
まだ数は少ないのですが、コロナワクチン接種後の激しい頭痛の方も受診されます。
この方たちは、強い倦怠感なども併用していますので解毒と代謝改善の治療となります。早ければ半日で改善します。

※漢方は①の気圧の変化には絶大なる効果がありますが、③も漢方だけでの改善も多いです。

※開業当時から数年した時に群馬県の総合病院の頭痛外来の先生が「今まで薬物治療していたが、ほとんどは鉄で改善できた!」と興奮して話していたので、少しは一般の医師にも伝わってきたころなのではと思っていたのですが、残念な世の中は続きます。
・・・今までのガイドラインを大きく変えることに抵抗のあるプライドの高い偉い先生が何かを守っているので情報が滞るのでしょう。

※鉄は生理のある女性・成長期の子ども・激しく運動するひとの多くに不足しています。
つまり、成長期の女性アスリートのほとんどは貧血になるのです。生理が止まるのも当たり前です。
お願いですから栄養で治る病態に薬を出されないでください。

6月22日(水)にオンラインでわかりやすく鉄の勉強会行います(無料)ので時間がとれる方は覗いてください。【詳細はこちら】

たかはしクリニック院長高橋嗣明

形成外科の専門医。たかはしクリニック開設以来、形成外科の治療だけでなくオーソモレキュラー療法をはじめとする多様な治療を実践し、多くの慢性の難治疾患の治療にあたっています。北里大学医学部・北里大学大学院卒業、東京大学客員研究員・博士号取得。

 

 

症状別一覧

医院情報

■ 住所
〒383-0015
長野県中野市吉田890-1[地図

■ TEL
0269-26-3001
■ FAX
0269-26-3002
■ 診療予約
あり/お電話にてご予約下さい。
■ 連絡方法
お電話にてお問い合わせ下さい。

■ 診療時間

 
午前
午後
午前 8:30~12:00
午後 14:00~17:00
手・・・手術日
休診日:土曜午後・水曜・日曜祝日
※木曜日の午後は手術日となりますが、脱毛・メソポレーション・
ケミカルピーリングなどの予約は可能です。
※月・火・金の14時から簡単な手術1件の枠があります。
土曜日は原則手術は受けておりません。

 

■ 診療科目
形成外科・整形外科・皮膚科・美容皮膚科・美容外科
・・・・・・・・・・・・・・・・
オーソモレキュラー療法・スポーツ栄養外来・高濃度ビタミンC点滴・グルタチオン点滴・プラセンタ注射・遅延型アレルギー検査・各種レーザー治療
・・・・・・・・・・・・・・・・

たかはしクリニック院長ブログ
栄養療法専門カウンセラーONPブログ
信州あおぞらみーるブログ

小麦や乳製品を使わない おやつを紹介しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・

クリニック取扱商品
おすすめします
サプリ取り扱いブランド
QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。