中野市の形成外科,美容外科,皮膚科,整形外科 たかはしクリニック

ONPブログ
2018.11.30

同じ栄養療法に取り組む整形外科医の大友通明先生も院長と同時期に本を出版されました。
骨と筋肉が若返る食べ方』です。
当院でも整形外科で来院される患者さんに、いつも話している内容が書かれています。「そう、そう」と、うなずきながら本を読みました。

膝が痛い、腰が痛い、膝に水がたまってしょうがない、長年の肩コリが慢性化している…、皆さんいつもこんな風に言っています。湿布を貼って痛み止めを飲んで、毎日だまして何十年と過ごしてきた方たちです。

本にも書いてありますが、こういう方たちの食事は糖質中心・野菜が主で低タンパク。
朝は……パン・少しのサラダ・ヨーグルト
昼は……めん
夕は……野菜づくしのおかず・魚が少し
小腹がすけば煎餅や果物です。

これではやはり骨や筋肉は衰える一方で、支えられなくなり、あちこち痛くなってきます。鉄分やビタミン群も補えないために血流も悪くなり、肩もコリやすくなるでしょう。
若い頃からの食生活が、年を重ねてからの体をつくっていることに気付いてください。腰が曲がらず、階段もなんなく昇り降りができ、正座もきちんとできる。筋肉もほどよくつき、転んでも簡単に骨折しないようにしていきたいと思いませんか?

皆さんはよく「私、骨密度が若いって言われているから骨は大丈夫」とおっしゃいます、「はい、それも大事」。でも、よく考えてみてください。骨って外側だけの部分をみてもしょうがない、土台もしっかりしているか確認しないと。

骨は鉄筋コンクリートとイメージしてください。鉄骨の骨組みがあり、その上にコンクリートが覆われていますね。まさに骨組み部分が弱かったら、崩れ落ちてしまいます。骨で表すと骨組みはコラーゲンでつくられていて、コンクリートはカルシウムです。

以前からお話ししてきた通り、
コラーゲン = タンパク質 + 鉄 + ビタミンCです。

だから、牛乳やヨーグルトを毎日摂っているから大丈夫!ではなく、このコラーゲン合成も上手に行えるように食事を変えていく必要があります。貧血気味の人は、骨もやはり弱くなっていく傾向を認めざるを得ません。鉄分を意識していくためには、赤みの肉やレバーをしっかり食べ、時にサプリメントも活用しながら骨を強化していきましょう。

そして炎症(痛み)の原因となっていく糖質の割合も低くすることで、膝や腰の痛み、肩コリを慢性化させないように努力も必要です。
「パンや米も大好き」「甘いものもやめられない」「肉はきらい」それでもって、「あっちが痛い…、こっちも痛くなってきた……」なんて言わないでくださいね。
それは当たり前ですから……。

 
ONP オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェショナル  高橋真弓

 

症状別一覧

医院情報

■ 住所
〒383-0015
長野県中野市吉田890-1[地図

■ TEL
0269-26-3001
■ FAX
0269-26-3002
■ 診療予約
あり/お電話にてご予約下さい。
■ 連絡方法
お電話にてお問い合わせ下さい。

■ 診療時間

 
午前
午後
午前 7:30~12:00
午後 14:00~17:00
●・・・8:30~12:00
手・・・手術日
休診日:土曜午後・水曜・日曜祝日
※木曜日の午後は手術日となりますが、脱毛・メソポレーション・
ケミカルピーリングなどの予約は可能です。
※月・火・金の14時から簡単な手術1件の枠があります。
土曜日は原則手術は受けておりません。

 

■ 診療科目
形成外科・整形外科・皮膚科・美容皮膚科・美容外科
・・・・・・・・・・・・・・・・
オーソモレキュラー療法・スポーツ栄養外来・高濃度ビタミンC点滴・グルタチオン点滴・プラセンタ注射・遅延型アレルギー検査・各種レーザー治療
・・・・・・・・・・・・・・・・

たかはしクリニック院長ブログ
サプリ取り扱いブランド
エステ担当 ブログ
コスメ取り扱いブランド
QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。