中野市の形成外科,美容外科,皮膚科,整形外科 たかはしクリニック

ONPブログ
2021.09.02

チョコレートがアレルギーや肌荒れ等の引き金になっていることも事実として知っておいてください。

いずれも毎日欠かさず食べるなど、「食べ過ぎ」でなければ症状は出る可能性は少ないと思われますが、濃厚ココアドリンクを飲んだり、チョコを食べた後に蕁麻疹偏頭痛が出たり、肌に痒みが出たりしたことはありませんか?

症状は一過性でおさまるので、カカオによる影響とは気付きにくいのですが、美味しいから、好きだからと言って、常備しておくことは避けたほうが良いです。

金属アレルギー

まず、チョコにはニッケルやクロム等の金属が含まれているため、金属アレルギーにより肌荒れが起こることがあります。
授乳中のお母さんが、チョコが大好きで毎日食べているとお子さんにも影響を与えてしまい、肌荒れが治らないこともあります。

妊娠中、授乳中の方は、チョコに限らず毎日同じものを食べ続けないことが鉄則です。
小麦や乳製品のリスクはいつもお伝えしている通りに避けていただきますが、このような嗜好品にも目を向けてみてください。

毎年バレンタインの時期になるとアトピーや喘息の方々が、悪化するパターンがあることも事実です。

トランス脂肪酸と砂糖過剰(シュガーハイ)

この金属アレルギーのことだけでなく、一般のチョコには、植物性油脂(トランス脂肪酸)と砂糖が7割位占めるため、その影響も多いことでしょう。

トランス脂肪酸は生体にとって少しも良いことはなく、毒です。

砂糖過剰もシュガーハイと言われていますが、エンドルフィンといった快楽物質が脳から分泌されるため、依存性や中毒性が高く、肌にも精神にもあらゆる被害を起こします。

チラミン・テオブロミン・残留農薬

また、チョコにはチラミンという物質も含まれていますが、これによっても具合の悪くなる人が出てきます。

チラミンには、血管収縮作用があります。
チョコやココアを飲食した後しばらくして、このチラミンの作用が消えてくる頃、逆に血管拡張が急激に起こり、その反動で頭痛や蕁麻疹が起きたり、粘膜が腫れるため鼻血が出たりするわけです。

カフェインやチラミン以外にもチョコにはテオブロミンという物質も含まれていますが、これは神経を興奮させる作用があり、多量にとると吐き気や頭痛を引き起こします。

犬猫ちゃんにチョコはダメといわれるのは、このテオブロミン分解がとても遅く、中毒症状を起こす危険があるからです。

今は、高カカオのチョコをよく目にしますが、原料のカカオは残留農薬の違反が多いとも聞きます。当然カドミウムなども蓄積しやすいでしょう。

また、カカオは練る作業に手間がかかるので、添加物の乳化剤を使います。レシチン(大豆や卵由来が多い)と書いてあることもありますのでアレルギーの方は注意してください。

チョコの代わりにキャロブ

ココアやチョコの代わりにキャロブを利用してみてはどうでしょうか。
以前は私も知らなかったのですが、 『信州あおぞらみーる』作り手の山岸純子さんから去年教えてもらいました。

和名は「イナゴ豆」と言い、さやをパウダーにしたものです。
カフェインも含まれず、鉄分や食物繊維も豊富なので、妊婦さんにもおすすめです。

『信州あおぞらみーる』商品の鉄サプリクッキーには「キャロブ生姜」味があります。生姜がピリッと効いていて美味しいですよ。

オフィスの引き出しにはチョコではなく、このクッキーを入れておくのはどうでしょう。甘味もラカントを使っているため、急激な血糖上昇も起きず、仕事にも集中できます。もちろんグルテンフリーです。


チョコとの付き合い方は、まず控えめにすること。
しかし、摂ることによって誘発される症状が必ずあるということをしっかりもった上で、ご自身で判断するようにしてください。

中毒性がありますので、本来ならキッパリ断つ!ことをおすすめしたいと思います。
引用元 : 食べもの通信 2011年2月号 特集
「甘いチョコレートの苦い現実」
アレルギー悪化原因の横綱クラス 子どもには避けたいチョコ (佐守友仁医学博士 著)

ただ今、新しい院内パンフレットを作成中です。

開院して9年目を迎え、ガイドライン治療だけに止まらず、
既存のものはより深め、さらに新しいことも 探究し続けている日々です。
そんな私たちの思いや、クリニックのイメージをよ~くわかっていらっしゃるお方が、
パンフレットを作ってくださっています。

仕上がってきた案が、訂正しようが無いほど素晴らしく ビックリしました。
本当に私たちの求めることをよく理解していらっしゃり、とてもありがたく嬉しく思いました。
どうぞ期待していてください。写真もデザインもオシャレで、とても素敵なパンフレットですよ💕

このパンフに劣らず、これからも 幅広くいろいろな方に対応できるように精進していきたいと思います❗


 
 
  肌荒れ・アトピーで悩まれている方に
  下記のブログも合わせてご覧ください
   ▽  ▽  ▽
  院長ブログ :「食物不耐症検査(フードイントレランス)がもたらす光 」
  副院長ブログ:「食物不耐症の検査を始めています」

 

 

症状別一覧

医院情報

■ 住所
〒383-0015
長野県中野市吉田890-1[地図

■ TEL
0269-26-3001
■ FAX
0269-26-3002
■ 診療予約
あり/お電話にてご予約下さい。
■ 連絡方法
お電話にてお問い合わせ下さい。

■ 診療時間

 
午前
午後
午前 7:30~12:00
午後 14:00~17:00
●・・・8:30~12:00
手・・・手術日
休診日:土曜午後・水曜・日曜祝日
※木曜日の午後は手術日となりますが、脱毛・メソポレーション・
ケミカルピーリングなどの予約は可能です。
※月・火・金の14時から簡単な手術1件の枠があります。
土曜日は原則手術は受けておりません。

 

■ 診療科目
形成外科・整形外科・皮膚科・美容皮膚科・美容外科
・・・・・・・・・・・・・・・・
オーソモレキュラー療法・スポーツ栄養外来・高濃度ビタミンC点滴・グルタチオン点滴・プラセンタ注射・遅延型アレルギー検査・各種レーザー治療
・・・・・・・・・・・・・・・・

たかはしクリニック院長ブログ
栄養療法専門カウンセラーONPブログ
信州あおぞらみーるブログ

小麦や乳製品を使わない おやつを紹介しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・

クリニック取扱商品
おすすめします
サプリ取り扱いブランド
QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。