中野市の形成外科,美容外科,皮膚科,整形外科 たかはしクリニック

ONPブログ
2022.12.08

そろそろ、私も年齢からグレイヘアーに憧れもしますが、完全にグレイヘアーになるまでの間は鏡を見るたびに切なくなってしまい、まだ足蹴く美容室に通ってヘアカラーをしてもらっています。年を重ねれば当たり前に白髪になるのですが、まだどうしても受け入れがたく、心の未熟さを感じている次第です。

さて、このヘアカラー剤は皆さんご承知の通り、かなり頭皮や髪にダメージを与えます。肌も敏感な私は、事前に頭皮にオイルをつけてもらい保護をしてからカラーをしているため、さほどピリピリすることはありません。でも、髪へのダメージは一応の対策はしてもらいますが、完全に防ぐことは難しいです。

定期的にヘアカラーを行っている方の中には、カラー剤による接触皮膚炎を起こし、頭皮の強い痒みや、湿疹、赤みが出る方がいらっしゃいます。すぐに症状が出ないと(遅延型アレルギー)、原因がわからない場合もあります。
ときに顔や首に広がることもあり、ひどくなると瞼などが腫れ上がり、アレルギー反応により歩行が困難になる症例も報告されています。
さらに、ヘアカラー剤でかぶれていることに気が付かず、全身に痒みや湿疹が長期的に治らないこともありますので、このような場合は、ヘアカラー剤の影響も考えて、一旦使用を中止することも考えてください。医療機関でパッチテストをやり、原因物質を同定することも必要です。

大概は、酸化染毛剤の「ジアミン」アレルギー反応であることが多いといわれています。パッチテストを受けた方の5%くらいの方が陽性に反応すると報告されています。
もし反応しなかったとしても、ヘアカラー剤で肌にトラブルの出る方は、日常的な皮膚炎だから と放置しないことです。ほおっておき、感作し続けると症状が次第に悪化していったり、即時型アレルギーが誘発され、ヘアカラー時に息苦しさや蕁麻疹でひどいことになることもあることを知っておいてください。

「ジアミン」は、市販のホームカラーや、美容室のサロンカラーなどほとんどのカラー剤に使用されています。
植物性染料のヘナにも「ジアミン」、もしくは類似物が含有されていることもありますので、良く調べてからお使いください。
また、ジアミンアレルギーでなくても、アルカリ剤やその他の化学物質で肌が荒れたり、長年にわたり それらが蓄積していくことによる症状が発症することもあります。

すでにアレルギーをお持ちで、でもヘアカラーを楽しみたい方は、ヘアマニキュアの使用が良いでしょう。
または、ノンジアミンカラーを選択。
アレルギーではなく、化学物質をなるべく避けたい方は、低ジアミン、低アルカリのカラー剤もあります。しかし、日本ではジアミン規制が無いため(ヨーロッパの多くの国では使用禁止になっています)、これらの取り扱い美容室が少ないのが現状です。

これらに注目し、長野市には、有害物質を削除した安全なカラー剤を使用しているヘアカラー専門店が新しくオープンしました。
https://www.at-uplus.com
カットはなく、シャンプーも自動のため、料金も安く設定されていて、部分染めは1000円代、全体染めでも4000円前後です。施術は30分程度なので、仕事帰りなど気軽に利用できそうです。

私もこのお店がオープンする前に、どのような感じなのか 試しにノンジアミンカラーをやってもらいました。

アルカリ剤をほぼ使わないため、いつもより落ち着いた色目で染まりましたが、もっと黒めになると思っていたので思っていたよりも満足でした。
確かに頭皮にオイルを塗らなくてもピリピリ感はなく、髪もサラサラに仕上がり、化学物質に過敏な私ですが、皮膚にも髪にも優しいことはわかりました。

でも、次の日から徐々に色が落ちていく時にはタオルが茶色くなってしまい、びっくり!マニキュアのように周りのコーティングだけではないので、すぐに全部おちてしまうわけではないのですが、さすがに白いタオルや頭皮を触った爪が茶色くなるのには困りました。
全体的に色が落ちていく日数は、今までとあまり変わらない感じです。

今までのカラー剤で化学的に痛んでいく様子が普段は気が付きませんでしたが、今回はそれがよくわかるくらい、良い髪質の保持だったと思います。
このままグレイヘアーに自然に移行できそうな色の抜け感だったので、化学物質をなるべく使いたくない私にとっては悪くない選択だと思いました。

こんな風にメリットデメリットがありますので、何を優先的に考えるかで、安全なノンジアミンカラー剤にするのか、普通のカラー剤にするのか選択してください。

で、私はどうするか?
うーん、どちらが良いかと言われたら正直困ります。でも、タオルが移染していくことは日常的にはイヤだなあと思いましたので、しばらくは今まで通りのカラー剤にすることにしました。
だからこそ日々の化学物質を除去するために、MATRIX(MDα)を毎日欠かさず飲み、頭皮にもヘアジェルをスプレーして、メンテナンスをし続けていこうと思っています。

便利を求めた末に、改良を重ねて出来たものたちは 自然界にあるものはなく、化学物質だらけ。これらに侵襲され続けるといつか身体が悲鳴を上げます。普段は出来る限り天然のものにしていきますが、今回のように化学的なものを選択する場合は、きちんと蓄積しない方法を考えていきましょう。

また、あなたの皮膚炎の原因が、ヘアカラーかもしれませんので、参考にしてみてください。

北信濃は着々と冬に近づいています。

北信濃

たかはしクリニック副院長高橋真弓

栄養療法カウンセラー(一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所認定ONP)、保健師、正看護師

 

 

症状別一覧

医院情報

■ 住所
〒383-0015
長野県中野市吉田890-1[地図

■ TEL
0269-26-3001
■ FAX
0269-26-3002
■ 診療予約
あり/お電話にてご予約下さい。
■ 連絡方法
お電話にてお問い合わせ下さい。

■ 診療時間

 
午前
午後
午前 8:30~12:00
午後 14:00~17:00
手・・・手術日
休診日:土曜午後・水曜・日曜祝日
※木曜日の午後は手術日となりますが、脱毛・メソポレーション・
ケミカルピーリングなどの予約は可能です。
※月・火・金の14時から簡単な手術1件の枠があります。
土曜日は原則手術は受けておりません。

 

■ 診療科目
形成外科・整形外科・皮膚科・美容皮膚科・美容外科
・・・・・・・・・・・・・・・・
オーソモレキュラー療法・スポーツ栄養外来・高濃度ビタミンC点滴・グルタチオン点滴・プラセンタ注射・遅延型アレルギー検査・各種レーザー治療
・・・・・・・・・・・・・・・・

たかはしクリニック院長ブログ
栄養療法専門カウンセラーONPブログ
信州あおぞらみーるブログ

小麦や乳製品を使わない おやつを紹介しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・

クリニック取扱商品
おすすめします
サプリ取り扱いブランド
QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。