中野市の形成外科,美容外科,皮膚科,整形外科 たかはしクリニック

ONPブログ
2020.11.19

ご存知の通り、カンジタ(真菌)はどこにでもいる常在菌。
普段は悪さをしませんが、免疫が落ちた時はガラリと凶暴化していきます。

食生活が乱れていたり、寝不足が続く、またはストレスが多くとても疲れやすくなっている方は要注意です。
他にもステロイド剤や抗生剤、ピルを使用している人、さらに糖尿病の人は免疫がかなり落ちやすく、体内の細菌叢を崩す原因となります。

 
真菌たちは皮膚に感染していくと、水疱ができたり白く粉がふくようになったり、比較的境界がはっきりしていて地図状に炎症が広がっていきます。
抗真菌剤を塗り、反応すれば治りは早いでしょう。

爪感染の場合は変形したり、白く厚くなってきたりします。
爪専用の抗真菌剤を塗りながら厚くなった爪を削る処置をしていきますが、長期戦になる場合が多いです。

口腔内の場合は、舌にクリーム状の乳白・灰白色の膜が点状や斑状に広がるため、特徴的な症状となります。
抗真菌シロップ等を使っていきますが、やはり繰り返すことが多いです。

 
真菌は糖をエネルギーにして増殖していくため、どうしても糖尿病の人や、甘いもの好きな人は治りにくくなってしまいます。

虫歯といい、口腔内はいつでも感染しやすい状態にあるため、口腔内の菌叢を整えていることはとても重要です。
いつでもクリーンに保ちたいですね。

以前は「PB3」という人の菌からつくった、菌叢を整えるための口腔内に特化した、舐めるタイプのサプリがありましたが現在はありません。
以前はピロリ菌感染の方によく利用してもらっていました。
口腔内にいるピロリ菌ってカンジタの中にかくれんぼしているので、胃への再感染防止におすすめしていました。
ついでに口臭やネバつきも防いでくれるので、とても優秀だったのですが残念です。
今は新開発を期待して待っているところです。

 
そして女性の皆さんが一番お悩みなのが、膣カンジタですね。
膣でも常在菌叢が崩れていなければカンジタは悪いことはしません。
結局日和見感染のため、粘膜が弱り悪玉菌が優位になれば増殖し、悪さをはじめるのです。

膣炎の症状は、明らかにおりものの量が増え、色も黄白色やヨーグルト状になってきます。
匂いも気になりますね。同時にかゆみや痛みを伴うこともあり、実に厄介です。
婦人科に行っても結局抗真菌剤を処方されるのみです。
やはりなかなかスッキリ治らず、発症を繰り返すといわれます。

最低限やるべきことは、カンジタにエサを与えないように糖質を制限すること(特に砂糖!)。
これは徹底してください。

「甘いものは好きでやめられない」と言っているようでは、治療になりません。
さらに免疫を落とさないようにきちんとバランスの良い食事をとるように心がけることです。

追加でできるならば、発酵食品(チーズ・パン・漬物・納豆・塩麹等)も避けると良いでしょう。
同じ酵母菌のため、増殖のきっかけとなってしまいます。

 
自分でやれることはまず取り組んでくださいね。
その後から除菌です。また、除菌と同時にやって欲しいのが植菌。
しかも膣内に特化した菌を植えつけていきます。

 
最近、とても優れたものがではじめたので、紹介しますね。
「ウルトラフローラ ウィメンズ」といって、生きた乳酸菌株が2種入ったカプセル状のものになります。
ウルトラフローラ ウィメンズ
腸内と同様、膣にも乳酸菌などが約2000種くらいいて細菌フローラをつくっていますが、この菌叢のバランスを保つことが膣を健全に保つ要となっています。

世の中には多くの乳酸菌サプリメントが出ていますが、目的に合わせた菌種・菌株を選ぶかが大切です。そして配合バランスと、適量かどうかも考えぬかれた、ものを選ぶこと。それら条件を満たしたものが今回ご紹介したものになります。

膣の健康を保つために「ウルトラフローラウィメンズ」を一度使ってみてください。
1日1〜2粒をおすすめします。
おりものの多い日や色にわかりやすく変化が確認できるようになりますよ。尿路感染症予防にも良いと聞いています。

 
この季節のクリニックはキラキラしています!
クリスマスの飾り付けになりましたので、どうぞお楽しみください。
クリニックの冬の飾り

 
院長作アイコン
副院長 高橋真弓

 

 

症状別一覧

医院情報

■ 住所
〒383-0015
長野県中野市吉田890-1[地図

■ TEL
0269-26-3001
■ FAX
0269-26-3002
■ 診療予約
あり/お電話にてご予約下さい。
■ 連絡方法
お電話にてお問い合わせ下さい。

■ 診療時間

 
午前
午後
午前 7:30~12:00
午後 14:00~17:00
●・・・8:30~12:00
手・・・手術日
休診日:土曜午後・水曜・日曜祝日
※木曜日の午後は手術日となりますが、脱毛・メソポレーション・
ケミカルピーリングなどの予約は可能です。
※月・火・金の14時から簡単な手術1件の枠があります。
土曜日は原則手術は受けておりません。

 

■ 診療科目
形成外科・整形外科・皮膚科・美容皮膚科・美容外科
・・・・・・・・・・・・・・・・
オーソモレキュラー療法・スポーツ栄養外来・高濃度ビタミンC点滴・グルタチオン点滴・プラセンタ注射・遅延型アレルギー検査・各種レーザー治療
・・・・・・・・・・・・・・・・

たかはしクリニック院長ブログ
栄養療法専門カウンセラーONPブログ
信州あおぞらみーるブログ

小麦や乳製品を使わない おやつを紹介しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・

サプリ取り扱いブランド
エステ担当 ブログ
コスメ取り扱いブランド
QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。