中野市の形成外科,美容外科,皮膚科,整形外科 たかはしクリニック

院長ブログ
2021.01.22

※同じようなタイトルでのブログは
2018年4月17日「へバーデン結節の変形症状の進行と痛みは改善できます」
2019年4月6日「へバーデン結節の痛み・変形症状の原因と治療」でも書いています。

「ヘバーデン結節で困っている」との訴えで遠方からご連絡をいただくことがとても多くなっています。

新型コロナウイルスの影響がなかった時は基本的には全て一度は受診していただくことを原則にしていました。しかし状況が変わり、県外から受診されることで感染のリスクを避けることを理由として、自費診療は遠隔診療も受け付けられるようになっています。当院では「ヘバーデン結節&ブシャール結節」は一部の検査が保険では難しく、保険外診療となるために自費診療で治療をしています。保険診療のほとんどは症状の緩和を目的とした対症療法です。原因に対応して治すことが可能な方法は現在のところ保険では認められていません。

よく考えるとおかしな話です。

本来、患者さんに有益であり、体に負担がかからず、病院に通わなくて良くなる治療を目指さなくてはいけないはずなのですが、大きな組織の利潤やそれに関わる権威を大切にする体制が変わらない限りはこのままなのでしょう。(アメリカから大きな変換期が訪れることを期待しています。)

さて現在の「ヘバーデン結節&ブシャール結節」の治療効果ですがとても順調です。

変形がまだ進んでいない若い女性の方が改善までは早いようなので変形・痛み・こわばりが出現したら直ちに治療を取り組むべきです。クリニックを受診せず出版した本の内容から食事などを大幅に治すことで痛みが改善したという感謝のお手紙をいただいたこともありますが、受診される方の多くは、食事を丁寧に守っていただいた上でのサプリメント治療となる方がほとんどです。数十年に渡り、変形してきた仕組みを食事だけで行うには、改善より変形してゆくスピードの方が速いように感じます。

患者さんには「指の変形や痛みは身体からの大切なメッセージですので、指に起きている問題は全身にも同じ問題が発生していると理解してください。」と話しています。自分に向き合う良い機会だと思ってください。

<現在の治療の流れ>
①本を読んで自分の身体の状態を理解してもらい、食生活習慣の改善のための取り組みを開始。
②受診できる方は実際の血液データから読み取れる事実を知っていただく。
③その方にあったサプリメントの選択(優先順位と必要量)
④早くに症状改善があっても3ヶ月は続けてもらう。
⑤改善したらあたりからサプリメントを調節してゆく。
⑥目標はサプリメントに頼らず、生活、食習慣改善を維持しコントロールすることです。

※その他の方法を用いる患者さんは少ないですが存在します。

 

 

症状別一覧

医院情報

■ 住所
〒383-0015
長野県中野市吉田890-1[地図

■ TEL
0269-26-3001
■ FAX
0269-26-3002
■ 診療予約
あり/お電話にてご予約下さい。
■ 連絡方法
お電話にてお問い合わせ下さい。

■ 診療時間

 
午前
午後
午前 7:30~12:00
午後 14:00~17:00
●・・・8:30~12:00
手・・・手術日
休診日:土曜午後・水曜・日曜祝日
※木曜日の午後は手術日となりますが、脱毛・メソポレーション・
ケミカルピーリングなどの予約は可能です。
※月・火・金の14時から簡単な手術1件の枠があります。
土曜日は原則手術は受けておりません。

 

■ 診療科目
形成外科・整形外科・皮膚科・美容皮膚科・美容外科
・・・・・・・・・・・・・・・・
オーソモレキュラー療法・スポーツ栄養外来・高濃度ビタミンC点滴・グルタチオン点滴・プラセンタ注射・遅延型アレルギー検査・各種レーザー治療
・・・・・・・・・・・・・・・・

たかはしクリニック院長ブログ
栄養療法専門カウンセラーONPブログ
信州あおぞらみーるブログ

小麦や乳製品を使わない おやつを紹介しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・

サプリ取り扱いブランド
エステ担当 ブログ
コスメ取り扱いブランド
QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。